イボは遺伝してしまうものなのか

気になるイボいやー!

 

イボは遺伝してしまうものなのでしょうか。イボの原因となっているのが紫外線です。加齢が関係している場合や、ウイルスの影響、抵抗力の低下等様々な要因が重なりあう事によってイボは出来てしまいます。

 

人間の性質は親から子へと遺伝する物も有ります。しかし実際には全ての要因が遺伝するのではなく、あくまでもその可能性が高くなるというだけで、100%子供も引き継ぐという訳ではありません。

 

だからイボができやすいかどうかと言う事についても、絶対にイボが遺伝してしまうという事も、イボは全く遺伝する事は無いという事も出来ないというのが現状です。ただ、体質的な物については親と子供と言うのは似たところが多く、同じ刺激に対しては同じ様な反応を起こしてしまう事があります。

 

したがって親がイボができやすいという事が分かっている場合は、子供にもその傾向、つまりイボが出来やすい傾向が引き継がれている、その体質が引き継がれている可能性がないという訳ではありません。だからイボに関して紫外線など余計な刺激を与えたりせず、なるべくイボを発症しないように注意する事になります。

 

イボを出来るだけ抑制する一つとして紫外線に当てないようにする、日焼けをしないようにするという事があります。紫外線自体は肌を殺菌したりする点でも、さらに骨を丈夫にするという点でもメリットがある光線ですが、沢山浴びてしまうと日焼けを引き起こし、それによって肌の抵抗力が低下してしまう事も有ります。

 

したがって、紫外線を全く浴びないようにしなければいけない、完璧な紫外線対策をしなければいけないと言って神経質になる必要はありませんが、ある程度注意しておく事は肌を守るという点から言っても良い方法です。

 

また、体質の遺伝以上に注意しなければいけないのがウイルス性のイボです。

 

これに関しては遺伝とは全く関係なく、ウイルスによって感染してしまうイボで、子供の年齢、置かれている環境によっては簡単に感染してしまう事があります。

 

また、むやみにイボを触ったりしてしまうと状態を悪化させたり感染拡大につながってしまう可能性もあるので、遺伝的に親にイボができやすい傾向がなかったとしても、むやみやたらに色々なところを触らない等の注意を日頃から行っておく事がイボの予防につながります。

 

 

 

 

 

普段からイボケアを心がける!

イボが出来やすい体質なら、普段からイボのケアを心がける事をおススメします!それが遺伝であっても遺伝でなくても、イボが出来やすい体質なら、それはそれでイボ対策が出来ます!

 

それは、出来る限り【角質ケア】に特化した、もちろん評判も良いジェル系・オイル系を使用することです!

 

【角質ケア】に特化したジェル系・オイル系のものは、肌のターンオーバーなどを正常な働きにして結果、イボなどが消えてしまうというスタンスですから、イボが出来た際の対策としては多少時間がかかりますが、イボ跡は残らず、キレイに消してくれます。

 

もちろん普段から使用することもできますから、過去にイボが出来たところやイボが出来やすいところなどのケアにも使えます!

 

下記に出来る限り【角質ケア】に特化した、もちろん評判も良いジェル系・オイル系のおススメをご紹介します。

 

限定商品も含まれていますから要チェックです!!!

 

 

 

艶つや習慣

艶つや習慣

 

WEB限定商品! 販売累計はダントツの50万個突破!!!
大容量の120g!全身に使えるので家族で使えます!
★女性だけでなく男性の愛用者も!
★ポロリ成分のアンズ・ハトムギ配合
★自宅で簡単毎日使えるオールインワンゲル

 

艶つや習慣公式HP

http://www.aqua-b.jp/

 

 

 

シルキースワン SILKY SWAN

シルキースワン SILKY SWAN

 

★角質ケアと保湿ケアの美容ジェルクリーム
首いぼ、老人性いぼ、スキンタッグ、アクロコルドンなどのポツポツ解決策に!
★もちろん首や顔以外にも使用出来ます!
★ハトムギ種子エキスとヨクイニンエキスのダブルヨクイニンパワー!
★成分に定評があります!

 

シルキースワン SILKY SWAN公式HP

http://hoconico.com/

 

 

 

ぽろぽろとれる杏ジェル

ぽろぽろとれる杏ジェル

 

★たまった角質を除去してくれるピーリングジェル
目安は週に2〜3回だから忙しい方にもおススメ!
★古い角質を除去してくれるので基礎化粧品の浸透しやすくなる!
★毛穴汚れや黒ずみを目立たなくする効果が期待できる!
★足のニオイなどにも!

 

ぽろぽろとれる杏ジェル公式HP

http://www.fraijeu.com/

 

 

 

アンミオイル anmioil

アンミオイル anmioil

 

杏仁オイルのパルミトレイン酸が70%配合!
★女性だけでなく男性愛用者も多い!
初めての方限定でトライアルセットあり!(WEB限定)
★比較的安価で満足度が高い事が大きな特徴
★全額返金制度あり!

 

アンミオイル anmioil公式HP

http://zealandbifu.com/

 

 

 

 

 

 

アクロコルドンという首のイボ

加齢とともに知らぬ間に出来てしまう「首イボ」、首・背中・デコルテ・胸・腹など、皮膚が擦れやすい場所に出来る事が多いといいます。

 

首イボにはその突起の大きさによりいくつかの呼び名がありますが、最も小さいものを一般的に「アクロコルドン」といいます。

 

もう少し大きくなると「スキンダック」と呼びます。

 

この種のイボは直接遺伝とは関係ないと言われていますが、やはり親がアクロコルドンなどのイボが出来やすい体質の場合は、その体質を遺伝することによって結果的にイボが出来やすくなるということはかんがえられます。

 

他にもいくつか種類がありますが、いずれもこれらのイボは総称して首イボと呼ばれ、良性の腫瘍である為そのまま放置しても問題はないといいます。

 

しかし首などの人目に触れる場所にイボが出来た場合、特に女性は気になって取りたいと思う物ではないでしょうか?

 

アクロコルドンというイボは比較的大きさが小さい為、自分で取れそうな気がしますが、ピンセットなどで自分で取ろうとするのは危険である為、絶対にやめましょう。

 

皮膚科によって多少異なるかもしれませんが、ごく小さいイボであれば専用のハサミで切るといった処理により簡単に取り除く事が出来るようです。

 

大きさによっては液体窒素でイボを取り除く方法や、更に大きくなったイボはレーザーメスで切除する場合もあります。

 

ハサミで切除するような簡単なイボ治療であれば、その場で出来る事もあるようですが、麻酔を使うような場合にはあらかじめ予約が必要と言われています。

 

この他病院で処理する事に抵抗がある方にとっては、自宅でケア出来るようなイボ専門の美容クリームも販売されています。

 

ヨクイニンや杏仁オイルは自宅で出来るイボケアとして有名な物ですが、他にもいくつか種類がある為、自分に合いそうなものでお試ししてみてはいかがでしょうか?

 

実際に使い続ける事で効果を感じ、首いぼが減ったとか気にならなくなったという方もいるようです。金額的にも安全的にもまずはこのようなものが私はおススメですね!

 

1度出来るとどうしても増えやすいといわれる首イボですから、この様なケアでイボを増やさないようにしたいものです。

 

それから1つ注意しておきたいのが、いくら良性のイボとはいっても稀にイボが急激に大きくなったり、色が黒っぽく変化したり、場合によっては痛みが出てくるような場合があります。

 

この様な場合には悪性である可能性もある為、直ちに医療機関を受診するようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イボのレーザー治療

イボができてしまうと、見た目的にもちょっときになってしまいます。

 

イボは肌に少しでっぱりのようなものができているため、気になりだすと、イボをつい触ってみたり、ひっかいてみたくなる場合もあります。

 

ですが、不用意にイボをひっかいたりすると、ウイルス性のものの場合には、肌のほかの部分に付着し、そこに傷などがあった場合には、イボが増えてしまうこともあります。

 

 

イボも種類がいろいろとあり、老化などによるものが原因でイボができることもあります。

 

この場合のイボは、基本的に良性のものではあります。

 

しかし、肌にイボができた場合には、悪性のものである可能性も否定できません。

 

気になるイボの場合は自己判断せずに、念のため、医療機関で医師による診察を受けるほうがいいでしょう。

 

 

イボの場合には、いくつか治療法があり、レーザーによる治療法、液体窒素などによる治療法、内服薬などを使う治療法などもあります。

 

医師の診断、また適切な治療を受けることでイボを除去するのも有効な手段です。

 

また、自分でイボを対処する場合などは、市販薬などにより、ある程度時間をかけてイボを取り除く方法もあります。

 

特に悪性のイボでないものに関しては、市販薬などで対応することは可能はあります。

 

自分でイボを取り除くことができるため、それなりに気楽に治療をすることができるのもメリットではありますね。金額的にも安く出来るかと思います。

 

ですが、気になるイボの場合、自分のイボがどのような種類のものかは、自分では判別するのは難しいため、医師による診察というものも重要です。

 

市販薬などを使い、マイペースに治療するのも、魅力的ではありますが、悪性のものなどの場合の可能性があるため、基本的には、医療機関で、医師による診察、治療をしてもらうほうが安心できるでしょう。

 

また、肌にイボができやすいかたは、生活習慣や食生活などを改善していき、肌荒れなどを防ぎ、肌の乾燥などしないように、日々、スキンケアなどにも気を使い、肌の状態をよりよい状態に保つことを心がけていきましょう。ストレスなどを解消することも大切です。

 

 

 

イボに似ている悪性腫瘍の特徴

気になるイボいやー!

 

気がついたら、いつの間にか身体にできているイボ。

 

ただのイボなら、特に心配することもないから大丈夫だろうと軽く考え、病院にも行かずに放っておいたら、実はイボではなくて悪性腫瘍だった、という場合もあり得ます。

 

どんな病気にも言えることですが、イボをはじめとした皮膚の疾患は特に判断が難しいと言われています。

 

なので、気になるイボに気になる症状があったら、大丈夫だろうと甘く考えずに、できるだけ早くお医者さんに診てもらうことをおすすめします。

 

また、悪性腫瘍のイボの特徴などをある程度把握しておくと、病院に行くか行かないかの素早い判断ができるので、おすすめです。

 

 

それでは、イボと間違えられやすい悪性腫瘍の特徴について、説明します。

 

まず、有棘細胞癌という病気があります。これは、表皮細胞にできる癌です。皮膚が盛り上がったようになり、表面がジュクジュクとしたり、かさぶた状になったりします。また、悪臭が伴う場合もあります。

 

次に挙げられるのが、メラノーマです。悪性黒色腫とも呼ばれ、手足の皮膚や爪などにできる悪性腫瘍です。一見、ホクロと見間違えることも多いのですが、ホクロが左右対称で、他の皮膚との境界がはっきりしているのに対して、メラノーマは左右非対称で、他の皮膚との境界が曖昧で色々な色が混ざっている場合があります。

 

また、大きさが6mm以上あるものはメラノーマである可能性が極めて高いので注意が必要です。

 

基底細胞癌は、皮下脂肪の少ない顔面などにできやすいのが特徴です。色は黒や肌色をしていて、中央がへこんでいるのが特徴です。

 

他に、湿疹とよく似た症状のボーエン病などもあります。

 

通常のイボやホクロである場合には、痒みなどがありません。痒みのあるイボやホクロを見つけた場合は、できるだけ早くお医者さんに診てもらうことをおすすめします。

 

また、イボやホクロの硬さなども見分けるポイントになります。柔らかいものやグミのような弾力があるものは、心配いらない場合が多いです。

 

しかし、硬さがあるものは悪性腫瘍である可能性が高いので、お医者さんに診てもらうことをおすすめします。

 

 

 

イボ アゴイボ 首イボ 背中 消すイボ 子ども 消すイボ 顔イボ 肩イボ 太もも 取るイボ 妊婦イボ デコルテ 胸元